◉ダンスパフォーマンス
「Rinne」
ひびのこづえ×浅沼圭×高岡沙綾×川瀬浩介
巨大な魚が現れ海に誘う。海藻が波に揺れエビや夜光虫が戯れる。もっと目を凝らすと小さなプランクトンが漂い、それはいつか宇宙へと広がって行く。ひびのこづえの海から広がり生まれた不思議な衣装と川瀬浩介の歌を軸とした音楽を二人のキュートなダンサー、イギリスにてダンス留学経験を持つ高岡沙綾と新体操で鍛え上げた身体を持つ浅沼圭が踊る。 (上演時間30分)
【パフォーマー】 浅沼圭・高岡沙綾 【音楽】 川瀬浩介
【衣装】 ひびのこづえ

11/1 金 18:00〜
11/2 土 13:00〜
天草市民センター ホール
定員 各回 250名

前売りチケット
1,000円(当日券 1,500円)
未就学児で大人の膝上など座席を利用しない場合は無料

◉ワークショップ
「ちいさな生きもののブローチを作ろう」

11/2 土 14:30〜17:00
11/3 日 10:00〜12:30
天草市民センター 大会議室
定員 各回 60名
参加資格 5歳以上

参加費
1,500円(材料費込)
小学生以下の方は保護者とご一緒にご参加ください。見学のみのご参加は不可。

◉SHOP 「ひびのこづえ THE SHOP LIMITED」 OPEN

天草大陶磁器展期間中、天草本渡市民センター展示ホールロビーで、ひびのこづえデザインのハンカチ、アクセサリーのショップがオープンします。

プロフィール

ひびのこづえ
静岡県生まれ 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビ、展覧会など、多岐にわたる場で発表。97年作家名を内藤こづえより改める。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。野田秀樹作・演出の舞台衣装多数。2017奥能登国際芸術祭参加。「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月、渋谷LOFT 6階で開催中。

浅沼 圭
東京都国立出身、立川市育ち。昭和ギリギリに生まれる。新体操では、国内外で多数の成績を収め、北京オリンピック新体操強化選手に選出された。引退後、海外のコンテンポラリーダンスに興味を持ち2015年、森山開次との出会いを機に舞台に立ちはじめ、現在は、旅をはじめ、フリーランスで舞台・映像作品等の出演、アーティストとコラボ企画、振り付け、ワークショップ、作品創りなどさまざまなジャンルで活動している。主な出演作品に新国立劇場森山開次:『サーカス』『NINJA』、オペラ『ドンジョバンニ』、串田和美:作『メトロポリス』がある。

高岡沙綾
英国Rambert School卒業後、英国内外にて活動。現在は拠点を日本に移し、自身の作品も展開中。Daniel Heys 東京所属。過去に参加したプロダクションに、English National Opera,IMMERSIVE CULT,Pagrav Dance Company,月灯りの移動劇場、奥野衆英日本ツアー、MISIA 20th anniversary tour などがある。

川瀬浩介
1970 年 京都生まれ 東京育ち 02 年、《Long Autumn Sweet Thing》を発表し美術家としてデビュー。10 年、第13 回文化庁メディア芸術祭に代表作《ベアリング・グロッケン II》が出展され話題に。森山開次《サーカス》《NINJA》の音楽を担当。「あなたの心に眠る感動を呼び覚ますこと──それが私の使命です」

チケットのお求め先・お問い合わせ

丸尾焼 北原町 0969-23-9522

天草市経済部産業政策課 0969-23-1111 代表

天草市民センター 東町 0969-22-4125  / 天草宝島観光協会 中央新町 0969-22-2243 でも購入できます。

Scroll to top