イベント

 

05

 

 

一杯のコーヒーからどれ程の物語が生まれたのでしょう
一粒のコーヒー豆はどれ程の記憶を蓄えているのでしょう
果てしもない数のストーリーがコーヒーから始まり紡がれる
その物語を深く掘り下げ集うことで、更に歓びを感じ
また一杯のコーヒーに至福の時をかさねる

日本コーヒー文化学会(1994年に設立)はコーヒーを愛する人々が会し多彩な活動を続けている学会です。今回の日本コーヒー文化学会 in 天草でのコーヒーストーリー。そして、天草陶磁器にまつわるストーリー天草の土壌で二つの文脈が出会い、絶妙に融合(ブレンド)しながら、やがて大きな樹へとなることを願います。

03

■ 前売りチケット
 1,000円(JCS会員は500円)
 アフターブレイクコーヒーチケット付
  ※当日券は 1,500円 (JCS会員は500円)

■ 定員
 150名
  ※定員になり次第締切ります ※未就学のお子様はご遠慮ください

コーヒーを楽しむ会 主なプログラム

■ 主催者挨拶 飯田敏博 (JCS九州南支部長・鹿児島国際大学副学長)

■ Ⅰ部 「コーヒーセミナー 〜ご家庭での美味しいコーヒーの淹れ方〜」
 講師:佐野俊郎 (JCS会員)

■ Ⅱ部 「九州喫茶散歩 〜いい街には、いい喫茶店があるという〜」
 講師:飯田敏博 (JCS九州南支部長)※JCS=日本コーヒー文化学会
 講師:小坂章子 (フリーライター/『九州喫茶散歩』著者』)

アフターブレイク
 大陶磁器展メイン会場 “器を楽しむ喫茶コーナー”でコーヒーを楽しむ

04

主 催
  日本コーヒー文化学会(JCS)九州南支部・天草大陶磁器展実行委員会
お問合せ先
  「天草でコーヒーを楽しむ会事務局」丸尾焼 熊本県天草市北原町3-10 TEL 0969-23-9522 FAX 0969-23-9593
チケットのお求め先
  【熊本市】 まる味屋珈琲店(ワシントン通り 096-356-3377)/岡田珈琲本店(上通り 096-356-2755)
  【天草市】 丸尾焼(北原町 0969-23-9522)/珈琲茶話(古川町 0969-23-4747) 和蘭豆(南町 0969-22-1592)/赤い月珈琲(本渡町 0969-24-3137)
 ※お電話でのお申込は丸尾焼まで

「大坊珈琲の時間」を愉しむ in 丸尾焼 Vol.2

06大坊勝次氏

07
 前売りチケット
2,000
ベイクドチーズケーキ付
2種類の珈琲が楽しめます。

大坊勝次氏がポットを握り抽出作業に入ると一瞬で静寂が訪れる。そこに居る全ての人が固唾を呑んで見守る。コーヒーを抽出する所作は普遍にも見えるし、融通無碍にも観える。コーヒーという一雫に人生を掛けた存在のみが、表すことの出来る至高がそこに展開されるのだ。一瞬に込められた永遠。飲む至福。今年もそんなひとときが訪れようとしている。


※各回10名の珈琲を準備しております。数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
お申し込み・お問い合わせは丸尾焼まで。TEL.0969-23-9522(9:00-18:00)
※見学のみは無料です。大坊さんが淹れる珈琲を飲む場合は事前申し込みが必要です。
※チケット購入時に日時をご指定ください。

工房珈琲 Kim・Café

08金憲鎬氏

09
一杯 500円
スィーツ付

天草大陶磁器展の縁で、瀬戸にある金憲鎬(キム・ホノ)氏の工房を訪れる天草の陶芸家が増えている。山の中にある工房を訪れた人達が共通して口にするのは、もてなしに頂いた珈琲の美味しさ。作品はもちろんだが…出された珈琲の美味しさを熱く語る人が多い。キムさんの珈琲こだわりの始まりは『大坊珈琲』だという。今年も大坊勝次氏の天草での『大坊珈琲を愉しむ』催しが決まった頃、キムさんにも連絡を取った。天草で『Kim・Café』をしませんかというお誘いだった。『いいね』とキム氏…どうせなら天草で作ったコーヒーカップで出したいね。ということで…10月1日より3日まで、天草に滞在しKim・Café用のキムCup作りを行ってもらった。何処で店を開きますか???丸尾焼の工房でどうですか??? いいですよ…と、トントン拍子に話は進み、工房珈琲『Kim・Café』のオープンが決まった。ケーキを作るのはキム氏の指名で陶芸家の木ユウコ氏。コーヒー抽出協力は懐水集の福本氏。丸尾焼展示室では大坊珈琲、工房ではKim・Café…贅沢な贅沢なひとときをお約束いたします。

天草大陶磁器展コーヒーショップ一日店長就任

佐野俊郎(日本コーヒー文化学会会員)

■ 熊日生涯学習プラザコーヒー紅茶セミナー講師
■ RKKテレビ「ウェルカム!」にゲストコメンテーターとして出演
■ RKKラジオ「柿木珈琲店」出演

 

ichinichi

sano

陶磁器の島 AMAKUSA陶磁器コンテスト作品展

hole

全国から応募のあった陶磁器の作品を展示。新しい才能の発掘と 陶磁器の可能性を持つ作品を御堪能ください。

主催/天草大陶磁器展実行委員会 共催/熊本日日新聞社

今年の課題品目
①ネクスト・ワン(碗) ②注器…急須・ポット・醤油差し等 ③磁器 染付 ④鳥をモチーフとした作品 ⑤骨壺 ⑥非日常のオブジェ

2015年 陶磁器の島 AMAKUSA陶磁器コンテスト 審査結果(敬称略)

ama_01

グランプリ
「壺中 ナイト スウイマーズ」
大阪府東大阪市 馬岡智子

ama_02

準グランプリ
「atmosphere bowl」
上天草市 木 ユウコ

ama_03日比野克彦賞 
「染付茶器八種」
天草市 亀山サ苗

ama_04小川哲男賞
「KON-PEI-TOU」

鹿児島県姶良市 白石昌弘

藤原惠洋賞
「cloud cup」

天草市 HIROKI KANAZAWA

鶴田一郎賞
「酒器セット」

玉名郡 山口友一

金憲鎬賞
「網小鉢」

玉名郡 前田博子

来場者賞
「猫たんぽ」

阿蘇市 山下智穂

2015年 陶磁器の島 AMAKUSA陶磁器コンテスト審査委員

審査委員長
日比野克彦 アーティスト・東京藝術大学教授

審査委員
小川哲男 北山窯・日本工芸会正会員
鶴田一郎 イラストレーター
藤原惠洋 九州大学大学院教授
金憲鎬 陶芸家

オープニングセレモニーテープカット

準備運動を行います。

 

event_tape

ワザワザ天草

今も継承される業や匠の技を披露します。

 

下浦石工の会作品展

下浦町は古くから多くの天草石工を生み 出して来た石工の名産地… どうぞ下浦 石工の作品展をご覧ください。

 

天草の芸能

天草の様々な芸能をゲストにお招きし、ご堪能いただきます。


1103

天草ハイヤ凛風會

牛深ハイヤ

タヒチアンダンスチーム ライアテア

1105

天草市役所本渡ハイヤチーム

鼓猫(和太鼓)

1106

牛深ハイヤ

ユカリシャス

ろくろ体験・絵付け体験

初めての方でも安心。出展窯元のスタッフが優しく指導します。
お作りいただいた作品は焼き上げてお渡しします。
先着20名。体験料は1,000円 ※送料は別途必要となります。

天草大陶磁器展お楽しみ抽選会

期間中、特設会場内にて 3,000円以上お買い上げのお客様に
五足の靴宿泊券、天草エアライン(福岡~天草)往復券、
ペルラの湯舟入浴券、参加各窯元の陶磁器など抽選 で当たります。

協賛/
event_kyosan

event_cyusen

託児スペースあります

※先着順・受け入れ人数に限りがあります。

行列のできる天草A級グルメ天草のうまいもんが大集結!

屋台村・物産展

丸健水産
ichioshi
うにコロッケ 1個250円
西岡勝次商店
ichioshi
サバ節・いりこ 200〜350円
天草大王生産直売公元
ichioshi
天草大王唐揚げ 1パック 500円
天草ありあけ
ichioshi
びっくり焼 250円
植田食品
ichioshi
笹だんご・天草だご 300円〜400円
うまかや
ichioshi
巻き寿司・イナリ寿司 500円
醍醐
ichioshi
弁当・惣菜・焼きそば・たこ焼き 250〜500円
 松岡水産
ichioshi
塩干魚・海鮮唐揚 400円〜
 高良
ichioshi
うむなす・コノシロバッテラ 600円〜1,000円
 鳥蔵
ichioshi
天草大王炭火焼き 1,000円
 カレー屋珊瑚礁
ichioshi
カレー 500円
伊勢元
ichioshi
押包丁 500円
挽き臼珈琲平五郎
ichioshi
珈琲 300円〜
 福砂屋
ichioshi
蒲鉾 300円〜500円
 B.L.T@café
ichioshi
自家焙煎珈琲・玄米タコライス 300円・600円
 (有)船崎水産
ichioshi
〆鯖蒲鉾 778円
 博多ゆうゆう
ichioshi
餃子・焼売・肉まん 400円〜

窯元ギャラリー 天草大陶磁器展期間中も営業いたします。

丸尾焼
p_maruo
営業時間10:00~18:30
天草市北原町3-10
TEL 0969-23-9522

熊本県天草市北原町3-10

水の平焼
p_maruo
営業時間10:00~18:00
天草市本渡町本戸馬場2004
TEL 0969-22-2440

熊本県天草市本渡町本戸馬場2004

山の口焼
p_maruo
営業時間10:00~18:00
天草市本渡町本渡1755-3
TEL 0969-24-2072

熊本県天草市本渡町本渡1755-3